Shinobu Kawahara

子どもたちが通う保育園も小学校もインフルエンザが猛威をふるっています。

昨日は年に1回の大切なお仕事、豊田市の小学校に誕生学をお届けしました。

インフルエンザにおびえながらなんとか当日を迎えることができて本当によかった!

ありがたいことに、毎年呼んでいただいている小学校。

6年生の4クラスを誕生学アドバイザーがひとりずつ担当します。

私も1クラス担当させていただきました。

この日は例年通り授業公開日。

子どもたちの後ろに保護者の方も入り、親子でお話を聞いていただきます。

担当したクラスはとても人懐っこくて、私が教室に入ったとたん、たくさん話しかけてくれました。

そしてお話がはじまると、みんなそれぞれ真剣に聞いてくれていました。
Img_9abca7020a08ae48fa43aaf270be064d
Img_df76aa858a89068ed121d844ea68a34e
(↑これは去年の写真かなー。今年は残念ながら写真がとれませんでした。。。)

誕生学のお話の後は、先生からお手紙が子どもたちに渡されます。

それぞれお父さんやお母さんが書いてくれた子どもたちへの手紙。

「うまれてきてくれてありがとう!大好きだよ!」

って愛情がいっぱいこもったことが書かれているのかな。

子どもたちは

「やばい、やばい!」

といいながら手紙を読んで泣いている。

女の子だけじゃなくて男の子たちも。。。

そんな様子を見てるだけでこっちまでもらい泣き。

どんなことが書かれているのかなぁ。

親から愛情がこもった手紙。一生の宝物だね!

あー、わが子が通う小学校でもぜひやってほしい内容だわ!

これから中学校へはばたく子どもたち。

思春期で心が揺れがちな子どもたちにとって、本当に大切なことだと感じました。

ああ、ほっこり。


そして任務を終えた後はみんなでいつものコメダ。

コメダも行くたびにメニューが変わっていたりしてがんばってるなー。

おいしいランチいただきました。
Img_e720d08ee93603ec32234a5c64937481
おいしかったー

さて、今週末は安城でお仕事です。

「母のための男の子カラダ教室」「親子で聴く誕生学」を開催します。

体調整えてがんばりますー
Img_b10120a0bb25927dc480ca5210311112
12月16日(金)名古屋西児童館で開催された『赤ちゃん記念日』で

産後のお母さんたちへ誕生学のお話をさせていただきました。

この日に集まっていただいたのは31組の親子さん。

当日のキャンセルもありましたが、たくさんのお申込みをいただいていたようです。

西児童館のスタッフの方によるパネルシアターとベル演奏に続き、お話させていただきました。


今、抱っこしているわが子がお腹の中でどのようないのちの力を使って育ってきたのか。

どんな産まれる力を使ってこの世界に生まれてきたのか。

小さな小さな赤ちゃんだった子が少しずつ大きくなって

そしてお母さんにも育児に対して余裕がでてくると、

色んな要求がでてくるかもしれません。


お産は育児の原点です。

この機会に改めていのちの力、産まれる力を知ることで、

お母さんたちにはいのちをつないでいく奇跡を実感してもらいました。


これからもいっぱい、いっぱい抱っこしてスキンシップを取って

愛情あふれる時間をたっぷり楽しんでもらえたらいいな。


この子たちが、子どもらしい子ども時代を過ごせるよう

みんなに守られて過ごせますように。


そしてお母さんたちもかけがえのない、子どもたちとの時間を

たっぷり愛しんで過ごしていけますように。


自分自身にとっても、わが子がまだまだ小さかったことを思い起こさせる

よい機会になりました。

参加していただいた皆様、そして西児童館のスタッフの皆様に感謝です。
7月最後の日曜日にイオンタウン名西 まちコミ教室で開催された「いのちを大切にする心を育むお教室」。

午前は「親子で聴くいのちのお話」を開催させていただきました。

この日お越しいただいたのは4歳から7歳のお子さんとそのご家族。

始めはちょっと緊張の面持ちでしたが、いのちのお話がはじまると

みんな瞳を輝かせて聞いてくれていました。


お腹の中でたくさんいのちの力を使って

いろんな工夫をしてうまれてきた自分。

自分ってスゴイよ。

まわりのお友達も、自分より小さな子のいのちも大事なんだよ。

自分が生まれてきたときのことに思い馳せ

お父さん、お母さんもお子さんたちが生まれてきたときのことを思い出します。


いのちの誕生はすばらしい。

改めてこのことについて家族で感じていただけた時間だったようです。



お父さん、お母さんからいただいた感想をシェアしますね。


「いのちのお部屋」「いのちの道」という言葉、すてきだなと思いました。

自分の出産を思い出しました。

きちんとした言葉でわかりやすく説明すれば子供も分かってくれるんだと思いました。赤ちゃんが生まれてくるまでのことはなんとなくはわかっているつもりでしたが、初めて知ったことがたくさんありました!

改めていのちの誕生について聞くことができて、普段子育ては大変とばかり思っていましたが、今ここにいることが本当にすごいことだと実感しました。




親子でいのちについて感じあう時間。

そう、「考える」「学ぶ」ではなく「感じあう」時間。

お家に帰ってからも家庭でいのちについて話しあえる

そのきっかけになればうれしいです。
Img_e53116e9f1544b696a25278d5cd58372
この夏休み、親子で向き合い、『いのち』について考えてみませんか?

夏休み中、イオンタウン名西まちコミ教室で「いのちを大切にする心を育むお教室」を開催させていただくことになりました。

第1弾は7/31(日)『親子で聴くいのちのお話』です。


毎回この『親子で聴くいのちのお話』を開催させていただくたびに、ゆるっと場が和み、みなさんからは暖かいメッセージと笑顔をいただいています。


「赤ちゃんはすごくかしこいのだと思いました。」(小5女子)

「すなよりちいさかったことがびっくりした」(幼児)

「次男が誕生して、長男にもいのちの誕生について知る良いタイミングであると思い、今回参加させていただき本当に良かったです。
自分自身でもお産を振り返り、子どものいのちの誕生の有難さを改めて認識できました。」(保護者)

「出産を経験していて、いのちについてわかっているようで、実はよくわかっていなかったことを、子どもたちと一緒に改めて教わることができてよかったです。
プライベートゾーンという自分で守る場所と、わかりやすく教えてもらうことができて、これからの成長にとても役に立ちそうです。」(保護者)


お話を聞き終わった後、子どもたちはいのちの秘密に驚き、そして感動します。

大人たちは改めていのちについて、そして子どもたちに思いをはせ、抱き寄せます。


昨今ニュースで流れるのは子どもたちや親子の痛ましい事件ばかり。

今、改めて親子で一緒にいのちについて心と体で感じてほしいと思います。



Img_75cfa4563465c2740bc2639338b2fffe


「赤ちゃんはどうやって生まれるの?」

5歳までに80%の子どもが聞いてくるといわれるこの質問。
あなたならどう答えますか?

誕生学とは、「生まれてきたことが嬉しくなると、未来が楽しくなる」をコンセプトに、誕生のしくみを通して、いのちの力の素晴らしさを伝えるプログラムです。

いのちの始まりから、お腹の中でがんばったこと、生まれるときに発揮した力についてわかりやすくお話しします。

いのちが誕生するお話を通して、お子さまたちに、大切な自分の存在や生きる力を再認識してもらう機会を持ってもらいたいと思っています。

「いのちってスゴイ!」を知ると、自分を、そして周りの人を大切にする気持ちが生まれます。

親子で、そしてパパも一緒にぜひ、聞いていただきたい「いのち」のお話です。





【親子で聴くいのちのお話】

日 時 : 7月31日(日)10時30分~11時45分頃(終了予定)

場 所 : イオンタウン名西 まちコミホールB
    (〒451-0015 愛知県名古屋市西区香呑町6丁目49−1) 
    アクセスはこちら →  (Click!) 

対 象 : 年中以上のお子様とその保護者 

参加費 : 1家族 1,500円

お申込み、お問い合わせ先 :子育て応援団体 moms.  →  (Click!) 


講 師:
公益社団法人 誕生学協会認定 
誕生学アドバイザー 川原しのぶ



第2弾は同じく7/31(日)午後開催の『母と娘のための月経教室』。

そして第3弾は8/20(土)午後開催の『母のための男の子カラダ教室』です。

興味にある方はぜひスケジュールを空けておいてくださいね!


Img_cd10d538a2a98cb95f4c8154d6bbb9de
こんにちは、誕生学アドバイザーの川原です。

この春休み、北名古屋市の健康ドームにて

『親子で聴くいのちのお話』

を開催します。

毎回この『親子で聴くいのちのお話』を開催させていただくたびに、ゆるっと場が和み、みなさんからは暖かいメッセージと笑顔をいただいています。


「赤ちゃんはすごくかしこいのだと思いました。」(小5女子)

「すなよりちいさかったことがびっくりした」(幼児)

「次男が誕生して、長男にもいのちの誕生について知る良いタイミングであると思い、今回参加させていただき本当に良かったです。
自分自身でもお産を振り返り、子どものいのちの誕生の有難さを改めて認識できました。」(保護者)

「出産を経験していて、いのちについてわかっているようで、実はよくわかっていなかったことを、子どもたちと一緒に改めて教わることができてよかったです。
プライベートゾーンという自分で守る場所と、わかりやすく教えてもらうことができて、これからの成長にとても役に立ちそうです。」(保護者)


お話を聞き終わった後、子どもたちはいのちの秘密に驚き、そして感動します。

大人たちは改めていのちについて、そして子どもたちに思いをはせ、抱き寄せます。


昨今ニュースで流れるのは子どもたちや親子の痛ましい事件ばかり。

今、改めて親子で一緒にいのちについて心と体で感じてほしいと思います。

これから小学校という新しい環境へと一歩踏み出すお子さんに特におススメです。

Img_6039e5c701c19cc3a59a54f7315ded34

「赤ちゃんはどうやって生まれるの?」

5歳までに80%の子どもが聞いてくるといわれるこの質問。
あなたならどう答えますか?

誕生学とは、「生まれてきたことが嬉しくなると、未来が楽しくなる」をコンセプトに、誕生のしくみを通して、いのちの力の素晴らしさを伝えるプログラムです。

いのちの始まりから、お腹の中でがんばったこと、生まれるときに発揮した力についてわかりやすくお話しします。

いのちが誕生するお話を通して、お子さまたちに、大切な自分の存在や生きる力を再認識してもらう機会を持ってもらいたいと思っています。

「いのちってスゴイ!」を知ると、自分を、そして周りの人を大切にする気持ちが生まれます。

親子で、そしてパパも一緒にぜひ、聞いていただきたい「いのち」のお話です。





日 時 : 3月31日(木)13時15分~14時30分頃(終了予定)

場 所 : 北名古屋市 健康ドーム 2F会議室(西)
    (〒481-0041 北名古屋市九之坪笹塚1番地) アクセスはこちら →  (Click!) 

対 象 : 年中以上のお子様とその保護者 

参加費 : 大人800円、子ども400円

お申込み、お問い合わせ先 :まんまるおつきさまの会  (Click!) 


講 師:
公益社団法人 誕生学協会認定 
誕生学アドバイザー 川原しのぶ