Shinobu Kawahara

こんにちは、誕生学アドバイザーの川原です。

以前、岡崎の「暮らしの学校」さんで講座を開催させていただきました。

そのご縁で今回、安城の「暮らしの学校 安城アンフォーレ校」さんにて
2講座担当させていただくことになりました。 

午前中は『母のための男の子カラダ教室』、午後は『親子で聴くいのちのお話』です。

JR安城駅から徒歩5分というアクセス便利なところです。

名古屋からも近いので、興味のある方は是非お越しくださいね。

お申し込みはすでに始まっていますよ~。


講座詳細・お申し込みはこちら

 『母のための男の子カラダ教室』 → ☆クリック☆

 『親子で聴くいのちのお話』 → ☆クリック☆

※暮らしの学校 安城アンフォーレ校のサイトに移動します。



Img_4a8e90942786cd58ce750e46440bf3ec


日 時 : 2018年1月20日(土)
    『母のための男の子カラダ教室』 10:00~12:00
    『親子で聴くいのちのお話』   13:30~14:45

場 所 : 暮らしの学校 安城アンフォーレ校
〒446-0032 愛知県安城市御幸本町12番8号(JR安城駅より徒歩5分)
アクセス方法はこちら → ☆クリック☆

参加費 : 1,296円(1回分)

お申込み、お問い合わせ先 : 暮らしの学校 安城アンフォーレ校
フリーダイヤル 0120-556-254


講 師:
公益社団法人 誕生学協会認定 
誕生学アドバイザー 川原しのぶ
Img_08a55e6e9fe02b0ae94a459f8b7c9d34

1/21(土)に名古屋市緑区 ユメリア徳重地区会館にて『母のための男の子カラダ教室』を開催させていただきました。

参加していただいたのは息子たちを持つお母さん。

お子さんたちの年齢は赤ちゃんから小学生、中学生と様々です。

お友達同士のご参加もあったので、とても和やかな雰囲気でした。


息子たちと接していて普段から気になっていたこと、心配だな~と思っていたことなどシェアする時間もありました。

なかなか旦那さんやママ友さんたちにも話せなかったりするけれど、ここでは、

「そうそう、ウチもそんなことあった!」

「わかる、わかる~」

なんて共感する場になります。

この日も男の子の「あるある話」に花が咲いていました。


いつもこの講座で感じるのは「母の愛」。

大切な息子たちを理解したい。

心配ないようにのびのびと育てていきたい。

そんなみなさんの想いがつまっています。

でもね、まったく心配ないな、と私は思うのです。

きっと十分に母の愛は届いているなぁと。

お産の映像を見て涙するお母さんたち。

息子たちが生まれたときに思いを馳せているのでしょうね。

そんな愛情詰まったお母さんたちのもとに生まれた子どもたちですもの。

ますますこれからが楽しみですね。

ステキな男性に育っていく未来が。


みなさんからいただいた感想をご紹介します。






・いろいろ聞けて楽しかったです。ここまで突っ込んだ質問がされるのか不安にもなりましたが、1つでも知識があることで伝え方も変わるとわかり、少し楽になりました。

・誕生学プログラムはぜひ子どもにも聞かせたいと思いました。性=生命の誕生のために大切なことなんだということを伝えたいと思いました。恥ずかしさがなくなり、きちんと伝えることが大事なんだとわかりました。先輩ママたちの話も聞け、これから息子の成長に対する心構えもできました。参加して本当に良かったです。

・目の前の問題で忘れかけていた「生まれてきてくれたことへの感謝」をまずはしっかり思い、息子たちに接していきたいです。

・性や生命に関して伝える時に何より大事なのが態度、ということで真摯にはとらえるが、深刻になりすぎないようにしていきたいです。息子の成長を楽しめるくらい余裕を持てるようにしたいです。

・私の中で思春期、性に対しての考え方がいやらしい方向にあったと思います。この講座を受講して、子どもとしっかり向き合って、子どものことをしっかりと考えて対応したいです。愛があること、真剣に向き合いたいです。

・自分が素直な気持ちで息子と話ができる気がしてきました。

・生命の誕生、やっぱりステキなことだなと思いました。今日学んだことを息子に早く伝えたいです!






今回主催してくれた草庫のよしみちゃんも講座のレポートをしていただきました。

レポート : 『母のための男の子カラダ教室』

よしみちゃん、貴重な機会をありがとう。

そしてみなさん、ご参加していただきありがとうございました。



Img_91fccb9eab4733dcd5274b488b97fbf6
Img_a2b86b414baccc51b63506f18cb2e481
Img_930c8f023f25b5da765b0c14615f88a1
ご縁がありまして、名古屋市緑区にあるユメリア徳重地区会館で「母のための男の子カラダ教室」を開催させていただくことになりました。

今回の主催は友人の禄美ちゃんです。

彼女とはアロマつながりで、緑区で「草庫」というとっても素敵な自然療法の教室を開催しています。


禄美ちゃんも私と同じ、二人の男の子を持つお母さん。

この「母のための男の子カラダ教室」に前から興味を持ってくれて、

草庫主催で今回開催させていただくことになりました。



この講座についても、とってもステキに告知していただいてますので

ぜひご覧ください。

禄美ちゃんのHPはこちら →  (Click!) 






■ 日時  1/21(土) 13:00~15:30

■ 料金  1,500円(税込)
     
■ 定員  24名   

■ 場所  ユメリア徳重地区会館 第二集会室


お申込みはこちら →  (Click!) 

お問合せはこちら →  (Click!) 




Img_e06a55f4aab81743b329ac64142b28d0
【母のための男の子カラダ教室】
  
  息子を持つお母さんを対象とした誕生学サロン。
  母たちは、みんな女性。
  息子を持つ親でも、なかなか男の子のカラダのことはわかりません。
  夫にも聞きづらい、息子には聞けない&言えない。
  でも、親として、心とカラダをセルフケアできる次世代を育むことは、
  とても大切なこと。
  幼児から思春期まで、男子のカラダと心の発達に関する知識を持ち、
  適切な対応ができるお母さんを増やすための知識を伝えます。
  私自身もふたりの男の子を持つ母親です。
  これから思春期を迎える子どもたち。
  親としてちゃんと大切なことを伝えていけるかな?
  異性として、子どもたちの成長をうけとめて、それに対処していけるかな?
  そんなお悩みを持つ方も多いのではないでしょうか。
  この講座に参加するのは男の子を持つお母さんたち。
  息子たちのあるある話に花が咲いたり、
  やっぱり男の子はかわいいよね~なんて微笑ましい話が聞けたり。
  和気あいあいと楽しい講座。
  でも内容は真剣です!
  息子さんたちが幸せな大人、
  そして将来のパートナーを大切にできるステキな男性になりますよう、
  お母さんたちの意識を高めていきましょう!
Img_61bf70e8ac9c2ea0449aa52e758856bf

先週の土曜日、安城市の桜井公民館にて午前は「母のための男の子カラダ教室」、午後に「母と娘の月経教室」を開催させていただきました。

安城市では初開催となるのでしょうか。

不思議なご縁で桜井公民館の講座担当の方の目に留まり、安城市が開催している生涯学習講座として開催させていただくことになりました。

本当にたくさんのお母さん方に来ていただきました。

その場にいる私たちに共通な

「息子たちを育てている母」

として、様々な思いでこの講座に来ていただきました。

私も二人の息子を持つ母として、この「母のための男の子カラダ教室」は大好きな講座。

そして思いが詰まった講座でもあります。

伝えたいことがいっぱいあって、毎回2時間では足りない!

お母さんたちも聞きたいこと、分かち合いたいことがたくさんありますもんね!

それぞれの家庭の事情や、息子さんたち、お母さんたちの個性もあるから

「これが正解」ということを話すのではなく

「これならウチでも試していけるかな」とか

「これなら話しやすいかな~」とか

家庭で息子さんたちと良いコミュニケーションをとるためのポイントなどお伝えしています。

お母さんたちの意識も変わったようですよ。



貴重なご意見・ご感想をいただきましたのでご紹介させていただきます~。





・男の子の性について、これだけオープンに話すことは今までなかったので良い時間でした。

・男の子の思春期を昔からとても不安に感じていたので受講しました。導入の部分ではヒントになりそうなことが学べました。子どもが思春期になる前に聞けてとてもよかったです。

・自分自身、男兄弟がいなく、思春期や体のことなど男の子の知識もあまりなく、これから思春期の息子を育てて見守っていくうえで参考になればと受講を決めました。
講座はあっという間の2時間でした。最後のグループに分かれての話し合いは、みなさん同じような悩みや思いがあり安心しました。とても貴重な時間でした。

・男の子のことはわからないから、息子が聞いてきたら旦那さんに頼めばいいな~と思っていたけれど、母親から話す大切さを知ったので、今日の話や本などを参考にしてどんな答え方をしたらよいか考えていきたいと思います。

いのちの授業はとてもよかったです。子どもにも出産の時のことや小さなころの写真を見せて大事に育ってきたことを伝えたいです。
最後にグループでQ&Aについて話しあえたことがとてもよかったです。勉強になりました。

自分自身が改めていのちの大切さ、重さを感じました。そしてそれをそのまま子どもに伝える大切さも感じました。

恥ずかしがったり、わからなかったりしてこの問題から逃れようとするのではなく、母親だからこそ伝えられる誕生の素晴らしさ、生まれたときのあなたの様子など、子どもの気持ちを安心させてあげられることがたくさんあるんだなと学びました。私がたくさん理解して、やさしく教えられるようになりたいです!





お母さんだからできること。

大切な、かわいい息子たちのために。

息子たちが将来ステキな男性へと成長するために。

しっかり家庭で伝えていきましょう!


Img_9adb6a3f27cfa15b5391bb47ebc6a3d1
8/20 名古屋市西区 イオンタウン名西 まちコミ教室にて『母のための男の子カラダ教室』を開催しました。

講座が終了してから私自身、色々と考えたいこともあり、夏休みのバタバタもあり、開催報告のアップが遅くなりました~。


つい最近起きた有名2世タレントの問題。とてもショッキングなニュースでしたね。

色々と取りざたされて、特に息子さんを持つお母さんにとって色々な感情を持ったことと思います。


「育て方が悪かったのか。」

「母親のせい?」

「息子を性犯罪者にしないためにはどうすれば?」


これに関してとても納得した記事がありました。 →  (Click!) 

この記事によると、
「本来、加害者家族は責められる対象ではなく、むしろ支援が必要な人たちです。欧米では加害者家族を“Hidden Victim(隠れた被害者)”と呼び、その責任を追求することはありません。」

親と子はそれぞれまったく別個の、独立した人格を持った人間。実際に、多くの性犯罪加害の背景に、生まれ育った家族からの影響はそれほど大きくないとも言われているそうです。


それでも母親は自分を責めるでしょう。

健全な精神を持つ大人に育てるにはどうすればいいの?

家庭で何を伝えていけばよいのでしょうか。


『母のための男の子カラダ教室』の中でも、お母さんが息子のために家庭でできることをたくさんお伝えしています。すべてはとってもシンプルなこと。でも土台となるものです。

今回参加された方のほとんどが高学年~中学生のお子さんをもつお母さんたちでした。

思春期まっただ中の息子さんを持つお母さんからは、もうすでに遅いかも?というお話もありましたが、決して遅くはないと思うのです。お母さんが意識を持ち、いつだって家庭で始められます。

私のような第3者から子どもたちに伝えることも必要かと思いますが、やっぱり家庭で、お父さん・お母さんから子どもたちにいのちという大切な話をしてあげてほしい。それが一番大切だと思うのです。

それがきっと子どもたちが大きくなって、

『母さんが「これは大切な話だから」って話してくれたなぁ』

なんて、そのまた子どもたちにも伝えていける。そんな家族が増えてほしい。


すべては家庭。

どんなときにも子どもが安心できる場所。

子どもたちを見守るまなざし。

話し合える親子関係。


誕生学で伝えるいのちのお話、女の子たちへの月経教室もそうですが、ひょっとしたら子どもたちにとってその場でピンとくるものではないかもしれません。

でも受け取ってほしいのは

「ああ、やっぱりいのちってすごいな」

「自分ってなかなかやるじゃん!」

「からだのしくみってうまくできてる!」

と心からの感動。

そして後からじわじわと、

「あの時の話ってこういうことだったんだ!」

という納得感。今、ピンとこなくても必ず理解できる時が来る。


だから何度も何度も家庭で機会を見て、子どもたちに話していくことが大切です。

そのためにはお母さんたちが常に考えて、意識して、いつでも話せるよう準備をしておく。

そして子どもに介入しすぎないことも大切。


ありきたりだけれど、子どもたちが健全で

子どもらしい子ども時代を楽しんで過ごし

彼らの未来が明るい未来になるよう

見守っていきたいですね。



そうそう。

まだ8か月の息子さんを持つお母さんからは

「帝王切開の痕を子どもにいつか聞かれたとき、どうやって話したらよいかがわかって安心しました!」

という感想をいただきました。

子どもたちがイメージしやすい、優しい言葉も参考にしていただけると思います。


ぜひ興味のある方はお問い合わせくださいね。


次回は2016年10月に安城にて開催予定です!